中央学園高等専修学校とは

中央学園高等専修学校とは

中央学園高等専修学校は大正12年の創立以来、「生徒・学校・保護者」の三位一体教育を掲げ、一貫した職業教育で、社会が求める多くのたくましい産業人を輩出して参りました。その間、

常に時代を見据え、様々な改革に取り組んで参りました。

これからは確かな技術に裏付けられたスペシャリストの時代です。本校ではそれに加え、単なる知識や技術だけでなく、”愛される社会人””よき家庭人”として役立つ幅広い教養と豊かな人間形成にも力を入れています。社会構造やライフスタイルの変化等、ますます多様化する生き方の中で、本校は生徒の学ぶ意欲を尊重し、且つ将来の自己実現への導きへ全力で挑む所存です。

理念・方針

建学の精神は「愛と誠」。人を愛し、誠をつくす。

理念・方針の詳細

沿革

90年の伝統と実績。

沿革の詳細

入学特別支援制度

充実した学びの環境を整えるべく、生徒・保護者様の双方を支援します。

入学特別支援制度の詳細